魔法のパターン・ふる〜てぃるーぷちゃん

FL StudioというミュージックシーケンサというかDAWがある。ちょくちょく話題にしているけれども、サブDAWとしてちょこちょこと使っているお気に入りのアプリだったりする。(メインはSONAR)
前身である FruityLoops の 1 を、DTMマガジンの「フリーウェア、シェアウェア特集」で知り、付録のCD-ROMからインストールして試してみたのが馴れ初め。当時は確かDAWというのが確立していなくて、MIDIはシーケンサな時代だったような気がする。そんなころ、REASONやSTORMといったソフトウェアで作曲を完結できる「バーチャルスタジオ」というアプリが流行し、FruityLoops もリズムマシン上がりのバーチャルスタジオ崩れとかいった風情であった。一応一通りのデモ版を試したのだけれども、FruityLoopsが一番安くて($99だったっけな)プラグインも豊富かつ馴染めたということで使っていた次第。FL Studioと言う名前にはVer4ときに変わったのです。
今はライフタイムアップデートライセンスを買っているので最新版にいつでもアクセスできる次第。
お気に入りではあるんだけれども、これで一曲仕上げたってことはほとんどなかったような……。いつも細かいパーツを作ったり、ゲームSE作成に使ったりとか、補助的用途ばっかですんません。

そんな FL Studio を作成しているメインデベロッパの gol 氏が先日、自分ところのフォーラムに突然以下のような書き込みをした。
「初音ミクがうらやましい、誰かマスコットキャラ『FL ‘chan’』を描いてくれ」
周辺みんなびっくらこいてしまう。
英語圏の方々は意味がわからず見当違いなレスを重ねているし、日本の某所では「アニオタ自重」と荒れ気味な雰囲気。
そこへ颯爽と現れた “dearliz” と名乗る謎の日本人。イケてるラフを「これでどう?」と置いていった。いやー、よかった上手くてかつ「わかっている」人が出てきてくれて。
「ネイティブ女学院」とか「jamバンド」みたくならなくて済むよ。

フォーラムの方はユーザーログインしないと添付ファイルが見えないので、転載して良いものかどうか悩みどころ。私の画で描くとこんな感じ。
rr_flchan00.jpg
って全然違う感じになっているよ。参考にならないよ。
オリジナルはこんなちんまくなくて初音ミクくらいの等身があるのですよ。

んで、FL のスタッフがそれなりに喜んでいて gol なんかはさっそく波形表示プラグインで波形と共にFL-chanが表示されるよう改造して遊んでいる様だし。自重しるwww

さて、その dearliz 氏、誰か不明だったのですが先ほど画像置き場としてサイトをオープンした模様。ラクガキの間にSD版のFL-chanがおりますね、そちらを参照。
通常等身の画像もそのうち置かれる事でしょ。

こういうのには喜んで飛び込んでいきそうな私なのですが、既にあるアプリにキャラを付けるのはふぉくす子でちと風当たりが冷たかったので自重風味なのです。
あー、でも後付であっても開発元が率先してキャラクターを付けるのであれば、反対派もあきらめざるを得ないから良い方向に向かうかも。




You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

One Response to “魔法のパターン・ふる〜てぃるーぷちゃん”

  1. karendoll Says:

    シリコーン人形とのセックス

    実際、私たちが物理的な人形を使用しているとき、多くの物理的な人形の頭の彫刻の外観は非常に良く、特にシリコーンの頭の彫刻はシミュレーションで非常に高く、実際の人に非常に似ています。

    多くの人は実際の人に似たようなものを持っています。一緒にいるという感覚、物理的な人形を使用するときに私たちがどのように感じるかという問題は、当然のことながら自明です。多くの友人が物理的な人形を使用する理由は、実際には技術の進歩によるものです。現在、物理的な人形には、他の成人向け製品にはない多くの利点がすでにあります。たとえば、人形の下半身や胸の一部を加熱することができます。 、実在の人物と同様の温度でシミュレートします。そしてそれに触れると、実在の人物に触れるような感覚になります。より高い要件がある場合は、物理的な人形の本体にいくつかのセンサーを取り付けることもできます。彼女と一緒に動いていて、アクションの頻度に達すると、いくつかの音が鳴り、多くの人が止めたくなるでしょう。現時点では、物理的な人形がどれほど実用的であるかはすでにわかっています。物理的な人形の素材と仕上がりは、実際の人の物理的な感覚と形に近く、手足の関節も非常にリアルで、頭の彫刻の外観は実際の人のそれに非常に近いです。

    したがって、低価格の物理的な人形はすべて、写真と一致しない偽の物理的な人形です。この種の低価格の偽造実体人形は、一般的に通常のインフレータブル人形の模倣であり、素材、機能、感触、外観の点で実際の実体人形と比較することはできません。

    https://www.karendoll.com/

Leave a Reply