不在通知Pの目からみたあれこれ

すっかり一大ムーブメントと化した「初音ミク」。MEIKOのユーザーとして優待販売に申し込んだものの、ちと住所の記載を間違った関係で発売日当日に入手できないというアクシデントが起きる。「しまった祭りに乗り損ねた」と思ったのだけれども結局そのあとの広がりが大きくてファーストユーザー組に入ってしまっているのでした。
なんとか祭りに参加しようあせった所で「初音ミクが来ない?来た?」騒動(の萌芽)に飛び込んで楽しんでいる内に「不在通知P」とかいうプロデューサー名で認識されてしまった次第。
ちなみにプロデューサーというのは、ゲーム「アイドルマスター」由来ね。

普段あまりニコニコ動画に投稿した動画の事については語っていなかったりする。これは、ネタの解説をしても冷めるだけだろうから。
けれども、今回はちょっとだけ「不在通知Pとしての視点」から、周辺について書いて見たいと思う。

■初音ミク以前
初音ミクの前はMEIKO(とKAITO)という日本語Vocaloidがあって、一部がそれで楽しんでいた。それがニコニコ動画における人気の下地を作っていたし、MEIKO使いがその技を用いて高度な演奏を初音ミクに歌わせた事が初期の勢いを作っている。
それ以外ではアイマスの存在があったことについては、以前私も語っているし他でも同じ評を見かけるくらい当たり前の論である。
だがここで、もう1つヴァーチャルアイドルを語る上で重要なワードを書き残しておきたい。「僧侶」である。
「僧侶」というのはVSTiフォルマントシンセサイザーの「ディレイ・ラマ」のことである。ディレイラマは一種のボイスシンセサイザーだが「い〜あ〜お」の3種類の母音しか発声できない。その限定された母音で「お〜あ〜お〜あ〜い〜」とかお経みたく歌わせるのだが、個性的な絵面と中途半端な発声で笑いをさそいニコニコ動画でも定番となっていた。
問題は歌自体ではなく、キャラクターが創られていたことにある。
最も古くて最初に人気が出た動画「僧侶のアクエリオン」において、ディレイラマを3つ起動してそれぞれにボイスパートを割り当てていた。この3パートそれぞれ役割が違うことから、コメント達が「ヒ・ダリ」「メ・イン」「ハモ・リー」という名前を付けて親しまれることになる。
中でも「ヒ・ダリ」の活躍が少なく、おいしいところで仕事をすることから「これで給料同じなんだぜ」とか言って大人気に。そもそもで、便宜上付けた名前がだんだんとキャラクターとしての性格をも含むようになっていた。
バーチャルアイドル誕生である。
その後の動画も僧侶3人がニコニコにおける基本フォーマットとなり、「ヒ・ダリ」に笑いの要素を持たせるのがお約束であった。
楽器であっても絵と個性があればキャラクターとして存在できるといったオタク文化とニコニコ動画の空気は、この後初音ミクをヴァーチャルアイドルとして育てるのに重要な要素であったのではないだろうか。

■初音ミクが来ない?来た?騒動
初音ミクが来ない?来た?騒動は立役者であるワンカップP氏の一連の動画の事であるが、彼1人ではあそこまで引っ張れなかったのではないかと思っている。
一番最初の「初音ミクが届かないのでスネています」は確かに私も見て笑っていたけれども、それだけであった。それに応答する形で投稿された前日予約Pの「初音ミクが届いたのでスネていません」、これが凄かった。相手の動画に返信する形での連作という形にびっくりした。そして、視聴者が付けた「交換日記」というタグに激しく嫉妬した。動画間のリレーションをこんな形で実現したのだから。
そして「初音ミクが明日届くのでワクワクしています」という動画を作成して、このリレーションの中に飛び込んでいったのだ。まあ、もうちょっと多くの人が参加するだろうという思惑は外れてしまったけれども。
まとめ動画の最初の方で確実にワンカップPであろうと思われるコメントがあったのだが、ワンカップPもスペランカーのBGMを使う予定であったらしい。それを私に取られて非常に悔しい思いをしたのが、F1レースの時の「やりたかったネタも〜」のくだりとなる。ここで、始めてやりとりが双方向になりコミュニケーションがスタートすることになる。
ワンカップPがあそこで悔しさから歌を作らなかったら、以降は存在しなかったのではないかなあと考える次第。まあ、前日予約Pの火付けが見事だったからなんらかの反応はあったのかもしれないけれども。
ところで、前日予約Pと呼ばれている最初に返歌を作った奇才は、「ねぎミク」こと Ievan Polkka のはちゅねミクを描いたたまご氏と同一人物だと思うんだけれどもあまり話題になってないね。
[後日追記]前日予約Pは確かにたまごさんのアカウントでしたが、作者はOtomaniaさんだったそうです

ワンカップP氏はあれだけの人気を集めてしまったので、以降の作品作りが大変じゃないかなあと思っていたが順当に新作をリリースしており驚く限りである。やっぱり凄い人なり。
最近は歌そのものより、背景の写真の方でボケネタを仕込むというスタイルで確立しつつあるようだ。

■音声合成界隈
やっぱり語るに外せないのは「くまうた」の白熊カオスとそのプロデューサーであるサブ北島であろうか。
白熊カオスがちびちびと歌を作り投稿していたことは寡聞にも知らなかったので、出会ったのは「初音ミク」タグが付いてからである。他にも投稿者は居るのだけれども、その中で一番の人気者が白熊カオスというわけである。他の投稿者の作品もなかなか面白いので探してみると良いかと。
特に、初音ミク以降は新しいくまも参戦してきてちょっとした盛況となっている。特に、組曲『ニコニコ動画』をくまうたに歌わせているのなんかは、かなり無理があってつっこみを入れつつ最後まで見てしまう。もちろん歌詞だけで、曲は演歌なわけだよこれが。
他の音声合成だと、おしゃべりノートに無茶振りの人とか、テキスト読み上げ系の人達もいる。
ただ、こういったテキスト読み上げ系はイントネーションがおかしかったり機械音声だったりすることで笑わせてくれているので、初音ミクと比べるとネタの範囲が狭いのが難しいところ。なにか、あっと驚くネタで笑わせてくれることを期待している。

■その他
時計を改造してねぎミクを表現しようとしていた「初音ミク(はちゅねミク)のねぎ回しを実際に作ってみた」という動画があった。初音ミク祭りの中で1人PCから離れて工作という形で初音ミクを楽しもうとする姿にピコーンと来るものがあって、反応動画を作成した。「歌ってみた」「描いてみた」「3Dで作ってみた」といったそれまでとは違う流れだったのだよ。
まあ、それはともかく、「初音ミク(はちゅねミク)のねぎ回しを実際に作ってみた」の方で「メトロノームで作れば良いんじゃね?」というコメントが投稿されており、メトロノームが市場に貼られているのだが、そのメトロノームが 1つ売れていることには気がついているだろうか。
おそらくこの購入者が「初音ミクのメトロノーム」「初音ミクのメトロノーム その2」の作者じゃないかと見ているんだけれども、だとしたらネタとしてもうちょっと評価されても良いと思う。




You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

5 Responses to “不在通知Pの目からみたあれこれ”

  1. 神楽坂 Says:

    はじめまして、【踊る?】みくみくにしてあげる(色付き版)【初音ミク】の製作者の神楽坂と申します。

    今回の動画制作にあたり、不在通知Pの作品の一部をお借りしたことを事後ながらご報告させていただきます。

    不在通知PとワンカップPのやり取りは楽しく拝見させて頂いてました。私も、もう少し多くの人が参戦してくるの期待していたんですけどね…

    「初音ミクが届いたのでうかれているみたいです」は最初の「初音ミク↑」から「テケツク」まですばらしく、何度も繰り返してみていました。
    なので、自分の好きなものを詰め込んだ動画で、最初を飾るのは「初音ミク↑」が一番合うなと思い、誠に勝手ながら使用させて頂きました。

    これからも素敵な作品作りをがんばってください。

  2. rerofumi Says:

    どもども、やる気のない初音さんは最初の線画で途中までの頃から見ていましたよー。すっかり高視聴数動画になっちゃって、これでめいこ姉さんも浮かばれるというものです。死んでないけど。
    そんな感じで知っていたし、別段使用報告とか無くても良かったのですけれども、わざわざご丁寧にどうも。

    フルアニメとかすごい3DCGとかじゃなくて、あれくらいのモーションが私的にも好きだったりします。自分で作るとけっこー大変だったりするのですが。

    そちらも何かにびびっときてばばっとかわよい物を創っていってくださいませ。
    ではでは。

  3. ヒロ兄 Says:

    前日予約P=Otomaniaさんということを、Otomaniaさんご自身がタネ明かしされていましたが、それを見抜いていたとは、さすがの洞察力ですね。
    正直、どのあたりからそのように推察されたんでしょう?

  4. rerofumi Says:

    たまごさんの方でも「アカウントは私だけれども作者はOtomaniaさん」と語られてましたね。
    私は別に見抜いたわけでもなく、動画をつついて投稿者をみたらたまごさんのアカウントだったってだけです。
    それにOtomaniaさんのねぎミク誕生秘話で届いてからは卑猥な歌ばっかり歌わせていたという話があったので確信をもっただけの話で。

    やあ、そう考えても「来ない?来た?騒動」はドリームマッチ(ただし私以外の方々)だったわけですね。

  5. karendoll Says:

    人形はどのように掃除する必要がありますか?

    a一般的なクリーニング:人形に誤って汚れやほこりが付いた場合は、濡れたタオルとシャワージェルで拭いてみてください。シャワージェルで掃除できない汚れが見つかった場合は、クレンジングオイルを使用して取り除くことができます。クレンジングオイルが使用できない場合は、拭き取ると汚れる場合がありますので、後ほど汚れについてお話します。人形の汚れた部分が比較的大きい場合は、人形を入浴することも検討できます。水温の観点から、私たちが通常入浴する温度は人形に適しています。Tpe人形は温度に敏感です。70を超える温度を使用しないでください。 tpe人形を高水で「殺菌」するために、tpe材料が温度によって変形する可能性があります!これは元に戻せません!誰もが注意を払う必要があります。
    b使用後の清掃:通常、人形を使用できる場所は、口、専用部品、裏庭ですが、メーカーが異なるため、人形の機能は1〜2個しかないため、口と裏庭を統合する必要があります(内部通路)。本体と切り離せません)プライベート部分にスプリットデザインがあります。このスプリットスタイルはお手入れがとても簡単です。名前の道具を外して使用後は洗うだけです。オールインワンタイプの場合は、使用後のクリーニングのために人形をバスルームに運ぶか、オンラインのクリーニングアーティファクトを購入してください(宝物は販売されています)。洗浄方法に関係なく、洗った後は必ずタオルで体を覆い、軽くたたいて乾かしてください。人形の表面に擦り傷や引っかき傷が付かないように、強く拭かないでください。チャネルの内側には、厚い紙のタオルを短冊状に詰めることができます。乾かしておくと、月経期に女の子用のサニタリーナプキンを購入することをお勧めします。使いやすく、吸収性が高く、取り出しも簡単です。最後に、体の水が乾いた後の最後のタルカムパウダーを覚えておくと、赤ちゃんの肌が最高のタッチを維持します。

    https://www.karendoll.com/

Leave a Reply